マエケン デビュー戦初勝利!6回無失点 打っては一発

[ 2016年4月7日 13:09 ]

パドレス戦で先発したドジャースの前田 (AP)

ナ・リーグ ドジャース7―0パドレス

(4月6日 サンディエゴ)
 ドジャースはこの試合がメジャーデビュー登板となった先発・前田の投打の活躍で開幕3連勝を飾った。前田は6回無失点で、メジャー初登板初勝利。打ってはソロ本塁打を放つ大活躍だった。

 ドジャースは初回、先頭打者・アットリーの三塁打でいきなり好機を迎えると、ターナーの適時打で先制。その後も、クロフォード、ペダーソンと適時打が続き、まだマウンドに上がる前の前田に4点の援護点をプレゼントした。中盤の4回にはその前田に左越えソロが飛び出し追加点。終盤にはプイグの左中間へのソロとターナーの犠飛で試合にダメを押した。

 前田は序盤から安定した投球を披露。6回84球を投げたところで降板し、5安打4奪三振無失点、さらに無四球と堂々たるマウンドさばきでパドレス打線を封じた。

 パドレスは先発のキャッシュナーが6安打5失点と試合を作ることができずに4回を投げたところで降板。打線は5安打で、前田、ガルシア、ハウエル、ペルドモのドジャース投手陣の前に完封リレーを許した。チームはこれで開幕から3試合連続の完封負け。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年4月7日のニュース