楽天・藤田が欠場、5日に左脇腹強打 後藤「8番・二塁」で先発

[ 2016年4月6日 18:46 ]

パ・リーグ 楽天―オリックス

(4月6日 京セラD)
 楽天の藤田一也内野手(33)が6日のオリックス戦(京セラドーム)を欠場した。

 藤田は5日の同戦の7回の守備で、一塁走者と交錯し、左脇腹を強打。大阪市内の病院で「左側胸部の打撲」と診断された。この日は球場に姿を見せず、宿舎で安静に努めた。芹田強トレーナーは今後について「打撲なので、日々の状況を見て」と話した。

 梨田監督は「打線を大きく組み替えたくない」とし、この日の「8番・二塁」は前夜、チーム初本塁打を放った後藤が今季初のスタメン出場を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月6日のニュース