巨人打線、藤浪に12三振 守備でもミス 村田ヘッド「惨敗だ」

[ 2016年4月5日 22:26 ]

セ・リーグ 巨人2―8阪神

(4月5日 東京D)
 巨人は藤浪のカットボールやフォークボールにてこずり、12三振を喫した。2三振のクルーズは「直球が荒れていると分かっていたが、変化球の精度がいいと、なかなか難しい」と頭を振った。

 重盗で失点するなど守備でもミスが出た。攻守とも振るわない内容に、村田ヘッドコーチは「負け方が良くあってほしいが、負け方が悪い。惨敗だ」と苦虫をかみつぶしたような表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月5日のニュース