広島ドラ1横山がプロ初登板初勝利 巨人の開幕連勝は4で止まる

[ 2016年3月30日 21:17 ]

<中・広>初登板初勝利を挙げた広島先発のルーキー横山

プロ野球は30日、各地でセ、パ6試合が行われ、広島は11―3で中日に圧勝。ルーキー横山が7回2/3を7安打3失点に抑え、プロ初先発初勝利を挙げた。

 開幕4連勝と好スタートを切った巨人は、プロ初先発のルーキー桜井が5回途中4失点で降板し3―6でDeNAに敗れ今季初黒星を喫した。DeNAは連敗を3で止め本拠地初勝利。

 昨季セ覇者のヤクルトは鵜久森の勝ち越しソロなど14安打を浴びせて阪神を8―4で破り、開幕5試合目にして今季初白星を挙げた。阪神の連勝は3でストップ。 

 楽天は美馬がわずか96球でプロ初完封。ロッテを5―0で下し、チームの連敗は2で止まった。ロッテはプロ初先発の二木が4回2/3を3失点で初黒星。

 オリックスは5―4で日本ハムに競り勝った。日本ハムは大谷の2試合連続となる2号2ランなどで追い上げたが、あと一歩及ばなかった。

 ソフトバンクは柳田の今季1号先制本塁打など10安打を放ち5―4で西武に競り勝った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月30日のニュース