ロイヤルズ 開幕2連戦でメッツに報復?Wシリーズでの1球が発端

[ 2016年3月30日 11:08 ]

メッツとのワールドシリーズ第3戦でロイヤルズのエスコバルは頭部付近の投球に尻もちをつく (AP)

 米国のニューズデー紙(電子版)は29日、ロイヤルズがメッツとの開幕2連戦で何らかの報復を企ていると報じた。

 このカードは昨季のワールドシリーズの再現。この報道の発端となったのは、第3戦で先発したメッツのシンダーガードが投じた1球にある。同投手は先頭打者・エスコバルに対し、その試合の初球を頭部付近に投球。この挑発的な剛速球を後に意図的なものだと認めた。

 ロイヤルズのヨースト監督は「報復なんて考えていない。我々がワールドシリーズに勝ったことで、メッツは報いを受けたさ」と報道を否定しているが、選手たちも指揮官と同じ考えかは疑問。ちなみにメッツの開幕投手はハービーで、2戦目に火種を作ったシンダーガードが先発予定。この4月5日の開幕第2戦で何かが起こるかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月30日のニュース