川崎 開幕メジャーならず…カブスと再びマイナー契約結ぶ

[ 2016年3月30日 07:20 ]

カブスとマイナー契約を結び直した川崎

 カブスとマイナー契約を結び、春季キャンプに招待選手として参加している川崎宗則内野手(34)が29日(日本時間30日)、契約をいったん解除し、その後すぐに新たにマイナー契約を結び直した。カブスの公式サイトなど米の複数メディアが報じた。

 カブスのマドン監督はこの日、開幕メンバー25人を明らかにし、川崎はその枠に入らなかったが、開幕までオープン戦には引き続き同行する見通しとなっている。開幕は傘下の3Aアイオワで迎える見通しとなった。

 米5年目の川崎は今季、オープン戦で28日まで19試合に出場し、40打数15安打、5打点、打率3割7分5厘と好調だった。マドン監督は川崎を「とても良い選手だ」と評しながらも、開幕ロースターに入れなかったことについて「彼に欠けていたものは好機だった」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月30日のニュース