智弁学園・村上「全て投げきる」 打線は左腕・市岡想定し練習

[ 2016年3月30日 05:30 ]

練習を終えてトンボをかける智弁学園の村上

第88回センバツ高校野球準決勝 智弁学園―龍谷大平安

(3月30日 甲子園)
 智弁学園(奈良)は伊丹市内のグラウンドで調整。全3試合で完投して2失点の龍谷大平安の市岡を想定して、打撃練習では左投手が投げた。

 2年生の4番・福元は「打撃の調子はみんな上がっている」と意気盛んだった。ここまで3試合を1人で投げて1失点の村上は、ブルペンで約30球の調整。「疲れはそんなにない。全て投げきるつもり」と話し、春夏1度ずつ進んだ準決勝が甲子園の最高成績であることを踏まえて「まずは一つ勝って智弁の歴史を変えたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月30日のニュース