復調しないなら…マー君 開幕投手回避も 指揮官が示唆

[ 2016年3月30日 05:30 ]

ヤンキースの田中(AP)

 ヤンキースのジョー・ジラルディ監督が、田中が復調しない場合、2年連続となる開幕投手を回避する計画を明かした。

 田中は23日のナショナルズ戦で4回9安打7失点の乱調。開幕前最後の登板となる29日(日本時間30日)のフィリーズ戦登板前日に取材対応した指揮官は「田中の登板を見てみないと。我々の望みは、彼が好投すること。そうすれば問題ない」と話した。あくまで田中が基本線も、最終登板も乱調だった場合について「そうなってから議論する」と前置きをした上で、「(マイナーなどで)調整登板が必要になるとも考えている」と明かした。登板前日の調整を行った田中は「いろいろ考えて悩んでいるけど、それは遠回りだと思っていない」と話した。 (タンパ・東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月30日のニュース