オリックス ルーキー赤間ホロ苦プロ初登板「緊張していた」

[ 2016年3月26日 21:28 ]

パ・リーグ オリックス5―9西武

(3月26日 西武プリンス)
 オリックスのドラフト9位ルーキー・赤間が2/3回を2安打4失点(自責3)と崩れた。4点リードの4回にプロ初登板。しかし押し出しも含む4四死球を与える乱調に「緊張していた。腕をしっかり振り切れていなかった」。酒井投手コーチは「四球を連発するようなことは今までなかった。プロは甘くないと実感したのでは」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月26日のニュース