オコエ プロ初打席は四球、初盗塁決めた 途中出場で打席回る

[ 2016年3月26日 17:43 ]

<楽・ソ>10回1死一塁、打者・岡島の時、オコエがプロ初盗塁を成功させる

パ・リーグ 楽天3―3ソフトバンク

(3月26日 コボスタ宮城)
 楽天ルーキー、オコエが開幕2戦目のソフトバンク戦でプロ初打席に入り、四球だった。この後、初盗塁を決めた。2打席目は二飛だった。

 この日8回に、代打枡田が四球を選んで代走で出場、続く岡島の内野ゴロで二封されたが、その後中堅の守備に入った。試合は楽天が8回に3―3の同点に追いつき延長へ、10回に打席が回って、ソフトバンク2番手のバリオスから四球を選んだ。

 この後12回2死から2打席目を迎えたが二飛に倒れ、この試合最後の打者となった。

 前日の25日には代走で初出場し、本拠地のファンの温かい声援について「聞こえなかった。そう思うと緊張していたのかも」と初々しく話していたが、この日も登場時には大きな声援がわき起こった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月26日のニュース