清原被告の保釈金は500万円 酒井法子と同額、ASKAよりは…

[ 2016年3月18日 05:37 ]

清原和博被告

清原和博被告保釈

 清原被告の保釈金は500万円だった。内訳は所持罪で250万円、使用罪で250万円。保釈金は、保釈後に逃亡したり証拠隠滅しないように保証として裁判所に納める。判決が確定するまで被告がきちんと裁判に出廷し、住居の確定などの事項を守れば返還される。

 過去の保釈金の最高額は「ハンナン牛肉偽装事件」で詐欺罪に問われたハンナン元会長・浅田満氏の20億円。酒井法子(45)は500万円、ASKA(58)は700万円だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月18日のニュース