阪神新助っ投ドリス 賢介、大谷、中田3連続K斬り「自信になった」

[ 2016年3月13日 18:03 ]

<神・日>1回3奪三振の好投を見せ、高山に出迎えられるドリス

オープン戦 阪神4―0日本ハム

(3月13日 甲子園)
 阪神の新外国人、ラファエル・ドリス投手(28)が13日の日本ハム戦(甲子園)の7回に登板。田中、大谷、中田の中軸を3者連続三振に斬って、猛アピールした。

 最速153キロの直球を軸に、落差の大きいフォーク、スライダーと変化球でリーグ屈指の強打者たちを封じ込め「日本の野球を経験する上で、良いバッターと対戦するのは勉強になる。抑えられたことも自信になった」とうなずいた。現状、守護神はマテオが務める予定ながら、両助っ人右腕が好調をキープすれば、戦力に厚みが増すことは間違いない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月13日のニュース