ハムドラ6横尾 雄星撃ち 初一塁守備で好捕、犠打も決めた

[ 2016年3月11日 05:30 ]

<日・西>2回2死三塁、横尾は左前適時打を放つ

オープン戦 日本ハム4-2西武

(3月10日 鎌ケ谷)
 日本ハムドラフト6位・横尾が、菊池討ちで開幕スタメンを猛アピールした。

 2回2死三塁で菊池に内角を攻められ2ストライクと追い込まれたが、3球目のスライダーを捉えて左前に先制適時打を放った。「思い切り打つことで相手投手のプレッシャーになれば」。本来は三塁手だが、一塁を守って4回に森の強烈な打球を好捕。慶大時代は経験のないという犠打も決め、「守備も大事なので守れることをアピールしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月11日のニュース