谷田サヨナラ打 JX―ENEOS大物新人劇的デビュー

[ 2016年3月10日 05:30 ]

<JX-ENEOS・鷺宮製作所>9回1死満塁、JX-ENEOS・谷田はサヨナラとなる中越え適時打を放つ

東京スポニチ大会 JX―ENEOS5―4鷺宮製作所

(3月9日 大田)
 社会人野球の幕開けとなるJABA東京スポニチ大会が9日に開幕し、3会場で予選リーグ3試合(5試合が雨天中止)が行われた。5年ぶりの優勝を狙うJX―ENEOSは新人の谷田成吾外野手(22)がサヨナラ打を含む3安打2打点をマークし、鷺宮製作所に競り勝った。明治安田生命の大久保匠投手(25)は東芝相手に5安打11奪三振で完封勝利。10日は3会場でこの日順延された予選リーグ5試合が行われ、決勝は13日となった。

 初球、左腕・野口が投じた133キロの直球を完璧に捉えた。4―4で迎えた9回1死満塁。谷田が放ったライナーが、中堅手の頭上を越えた。社会人デビュー戦でいきなりのサヨナラ打に、右拳を突き上げた。

 「調子は悪くなかったので、自分ができることをしっかりとイメージして打席に入った」

 慶大出身の大物ルーキーは東京六大学リーグ通算15本塁打の実績をひっさげ、「5番・右翼」でスタメン出場。初回1死一、二塁の第1打席で右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、6回1死からは左中間二塁打。和嶋利博監督は「不安もあったと思うが、結果を残してくれた」と目を細めた。3安打2打点の大暴れには、理由があった。

 空振り三振に倒れた8回の第4打席。左腕の野口はスライダーを多投してきた。「社会人のバッテリーは配球を考えて打ち取りに来る。(大学時代以上に)考えて打席に立つことを意識している」。変化球の残像が残っていると踏んだバッテリーの裏をかき、サヨナラ打は直球を狙い打った。

 2月の奄美大島キャンプで振り込み、オープン戦で打率3割5分を超える好成績を残した。レベルの高い投手と対戦する中で、左の強打者は左投手への対応にアレンジを加えた。「前に突っ込むと泳がされてしまうので」とバックスイングをコンパクトにし、確実にミートする打法。左腕対策はデビュー戦で生きた。

 昨秋のドラフトではまさかの指名漏れも、2年後のプロ入りへ気持ちは切り替えた。慶大時代の同期だった横尾(日本ハム)、山本(巨人)の活躍はチェックするが「負けたくないとか、凄いなと思っていては駄目だと思う」。5年ぶりの優勝を狙う名門チームに、頼もしい5番打者が加わった。 (川島 毅洋)

 ◆谷田 成吾(やだ・せいご)1993年(平5)5月25日、埼玉県生まれの22歳。小1から川口リトルで野球を始め、川口北中1年時に世界大会準優勝。2年時には東練馬シニアで全国大会4強。慶応では通算76本塁打も甲子園出場なし。慶大では1年春にリーグ戦デビューし、3年春にベストナイン。通算15本塁打。1メートル83、93キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月10日のニュース