東京五輪で復活なら…全日本野球協会 CM時間短縮検討

[ 2016年3月4日 05:30 ]

 全日本野球協会の鈴木義信副会長(72)が3日、横浜市内のホテルで行われた「神奈川県高野連指導者講習会」で講演した。

 2020年東京五輪での野球・ソフトボール復活へ課題となっている試合時間短縮策として、イニング間のCMによる調整時間短縮を検討していることを明かした。スポンサーの了解が必要となるが「チームの努力だけでは解決できない。例えばCM中もワイプ(画面の隅に設けられた小窓)で中継ができないかなどを考えている」とし、大会組織委員会に要望していく方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月4日のニュース