マエケン 目標1000球削減「ブルペンで20球、試合前に10球…」

[ 2016年3月4日 05:30 ]

投球練習を終え、明るい表情を見せるドジャース・前田。右はハニーカット投手コーチ

 ドジャース・前田が、オープン戦初登板となる5日(日本時間6日)のダイヤモンドバックス戦に備え、20球のブルペン投球を行った。

 少ない球数の調整について「2年前からブルペンでの球数は減らしている。ブルペンで20球、試合前に10球ずつ減らせば合計30球。30試合とすると1000球近く減らせる」と説明。練習の合間にはエース左腕カーショーに話し掛けられ、ルーティンについて意見を交換した。 (グレンデール・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月4日のニュース