中日・平田 侍の貫禄一発「詰まりぎみだったけど…」

[ 2016年3月4日 05:30 ]

<中・広>4回無死、左越え本塁打を放ちベースを回る平田

オープン戦 中日2―4広島

(3月3日 小牧)
 3番右翼で先発した中日・平田が今春1号アーチを放った。

 1点を追う4回、先頭で打席に入ると、代わったばかりのルーキー横山の外角高め直球を左翼席に運んだ。「詰まりぎみだったけど、打った瞬間に入ると思った」。4日からは台湾代表との強化試合(5、6日)のため侍ジャパンに合流する。「いい緊張感でできる。(5日は)ナゴヤドームでやるので勝って盛り上げたい」と竜の主将は気持ちを高めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月4日のニュース