イチロー 特権ゲット!オープン戦出場はホーム中心、長距離移動なし

[ 2016年3月4日 05:30 ]

マーリンズのイチロー

 マーリンズのイチローが本拠地中心のオープン戦出場で調整する「特権」をゲットした。

 2日、オープン戦初出場がチーム2戦目の4日(日本時間5日)ナショナルズ戦に決定。ドン・マッティングリー監督は以前から「主力野手は2試合出て1試合休む」とプランを示しており、初戦のカージナルス戦(同4日)に欠場することでホームゲーム中心の出場が可能となった。指揮官は「彼には彼のペースで調整をしてもらいたい」と説明。フロリダでのオープン戦特有の長距離移動を避けることができる。

 イチローが着用する「ビモロスパイク」の輪が広がり、チームメートのために約30足が到着。中継ぎ左腕ハンドは「最高だよ」と喜んだ。3日(同深夜)には「肉、肉を食わせろ!」と書かれたTシャツで球場入りして周囲を楽しませたレジェンドが、各方面で存在感を示している。 (ジュピター・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月4日のニュース