藤浪 紅白戦で4回完全、最速154キロに「いい球は増えている」

[ 2016年2月28日 20:52 ]

紅白戦で4回を投げパーフェクトの阪神・藤浪

阪神紅白戦

(2月28日 宜野座)
 阪神・藤浪晋太郎投手(21)が28日、沖縄・宜野座キャンプで紅白戦に先発。鳥谷、ゴメスら主力を相手に4回を投げ、1人も走者を出さない圧巻の投球を披露した。

 「いい球は確実に増えている。調整は順調」。今キャンプ3度目の実戦登板。自己評価は「まだまだ」と辛口だったが、最速154キロをマークした直球に、変化球を織り交ぜながらテンポよく42球で打者12人を打ち取った。若きエースは「回を追うごとに修正はできた」とうなずいた。

 昨秋の右肩の炎症を考慮して慎重にキャンプインしたが、「痛みや違和感は一切なかった」と言う。4年目で主体性を重視した1カ月間を「投球のペースは任せてもらってしっかり調整できた」と満足げな右腕に、金本監督は「彼ならやって当然」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月28日のニュース