西武・水口 バントで負傷退場、投球が左手人さし指直撃

[ 2016年2月28日 15:24 ]

練習試合 西武1―3ソフトバンク

(2月28日 アイビー)
 西武の4年目・水口大地内野手(26)が、28日のソフトバンクとの練習試合(アイビー)で負傷退場した。8回の第3打席の3球目にセーフティーバントを試みたが、左手人さし指に球が直撃。そのままベンチに退いた。

 この日は「9番・二塁」でスタメン出場し、3回にソフトバンク・和田毅からチーム初安打となる左前打を放った。さらに、4回の守備では飛球を背走しながらスライディングキャッチする好守もみせた。チームは遊撃のレギュラーが不在で、1メートル63の球界最小兵の水口も候補として宮崎・南郷キャンプからアピールを続けていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月28日のニュース