ハム宮西が1軍合流 昨オフ左肘手術 3月中旬の実戦目指す

[ 2016年2月26日 19:25 ]

1軍に合流した日本ハム宮西

 昨年10月に左肘クリーニングおよび神経移行手術を受けた宮西尚生投手(30)が26日、1軍に合流した。キャッチボールは約60メートルの距離まで伸ばし、全体練習後は黙々とネットピッチング。順調な調整ぶりを示した。

 新人だった08年から、8年連続で50試合以上に登板。タフネス左腕は「投げろと言われれば投げられる。決められた試合でしっかり投げたい」と話した。3月中旬の実戦登板を目指している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース