横浜商大・谷口がオープン戦2戦連続適時打 今秋ドラフト候補

[ 2016年2月26日 17:51 ]

 神奈川大学リーグの横浜商大が26日、神奈川県横浜市の同大グラウンドで首都大学リーグの日体大と今季2試合目となるオープン戦を行った。

 打線は今秋ドラフト候補の主将・谷口が2試合連続適時打を放つなど中軸が活躍し、15安打9得点と爆発。3番・荒井は2試合連続3安打の猛打賞をマークし、打線をけん引した。投手陣が終盤に追い上げられたが、9―6で勝利し、今季オープン戦2連勝を飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース