ロッテ新人が知覧特攻平和会館見学 成田「胸しめつけられた」

[ 2016年2月26日 17:10 ]

「知覧特攻平和会館」を見学したロッテの新人ら10選手

 ロッテのドラフト3位・成田(秋田商)ら新人7選手と田中英、寺嶋、宮崎が26日、鹿児島・薩摩川内での2軍2次キャンプの練習後、南九州市の「知覧特攻平和会館」を見学した。

 薩摩川内市からバスで2時間かけて移動し、30分間の講話を聞いた後、1時間半見学した。選手たちは特攻隊員の遺影、遺品、記録等の資料を興味深そうに見ていた。成田は「自分と同じような年代の方たちが、戦争のためにこのようなかたちで命を失ったと想像をするだけで胸がしめつけられるような思いになりました。今、自分たちは平和な時代にいて、好きな野球ができている事に感謝をしたいと思います。また、1日1日を大切に、日々練習に励み、過ごしていきたいと思います」と固く誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース