カブスオーナー トランプ氏からの批判にあきれ気味「理解しがたい」

[ 2016年2月26日 16:19 ]

カブスのトム・リケッツ・オーナー (AP)

 カブスのトム・リケッツ・オーナー(49)は24日、米大統領選の共和党指名争いに出馬している実業家のドナルド・トランプ氏(69)が同オーナー家族を批判した件について口を開いた。

 トランプ氏は22日に自身のツイッターで「リケッツ家は私を中傷するためにこそこそと大金を使っているらしい。あの家族には気をつけたほうがいいな。秘密ごとがたくさんありそうだ」とメッセージを発信した。これはリケッツ・オーナーの母親が、トランプ氏へのネガティブキャンペーンを行う団体に300万ドル(約3億3800万円)を寄付していたという報道に起因している。

 これを受け、リケッツ・オーナーは「母親を脅かすなんてちょっと理解しがたいよね」とコメント。同オーナーは家族が政治的活動に関わっていることを認めた上で、「秘密ごとなどない」とトランプ氏に反論し、「我々一家は信頼するものを支持して、重要だと考えるものをサポートする。それがアメリカのあるべき姿で、リケッツ家の姿だ」と続けた。

 さらに、リケッツ・オーナーは「秘密があれば、とっくにばれているよ」と笑い、なぜトランプ氏があのようなツイートをしたのかという問いに、「分からない」とあきれ気味に首を振っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース