オリ新助っ人は当たり?4番争う2人が大奮闘 福良監督ニンマリ

[ 2016年2月26日 05:30 ]

<オリックス・韓国斗山>5回、ボグセビックが2ランを放つ

練習試合 オリックス5―1韓国・斗山

(2月25日 清武)
 オリックスは4番を争う助っ人勢が大奮闘した。

 ボグセビックは5回に来日初アーチを放つなど2安打3打点1盗塁で、「積極的に打っていこうと思っていた」と胸を張った。一方、実戦初出場のモレルも2打数2安打1打点に、まさかの1盗塁。「走れるならいこうと思っていた。これからも機会があればいくよ」と涼しい顔で振り返った。ブランコにも左中間二塁打が飛び出すなどアピール合戦が続き、福良監督も「激しい競争だね。いいこと」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース