元楽天・AJが引退 ブレーブス球団殿堂入り、指導者へ意欲

[ 2016年2月26日 05:30 ]

ブレーブスのシャーホルツ球団社長(左)と握手するジョーンズ(AP)

 ブレーブスなどで活躍し、13年には楽天で球団初の日本一に貢献したアンドリュー・ジョーンズ外野手(38)が24日(日本時間25日)、現役引退を正式に表明した。

 この日、ブ軍が同外野手とジョン・シャーホルツ球団社長の2人の球団の殿堂入りと、8月19日に祝う式典を行うと発表。これを受けて「ようやく正式に引退したと言えるね。今後は、若者を手助けすることに集中するだろう」と将来的な指導者業へ意欲を示した。メジャー通算17年間で434本塁打、10度のゴールドグラブ賞に輝いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース