投げる方の井口です!ハムドラ3に満点 栗山監督「投げっぷりいい」

[ 2016年2月26日 05:30 ]

<神・日>1イニングを3者凡退に抑えた井口

練習試合 日本ハム1―7阪神

(2月25日 宜野座)
 投げる方の井口です――。日本ハムのドラフト3位右腕・井口(東農大北海道オホーツク)が阪神との練習試合に3番手で登板。

 先頭のゴメスを137キロスライダーで遊ゴロに仕留めると、江越を直球で二飛、陽川も中飛に。3者凡退に仕留めた対外試合デビューに「いい緊張感で投げられた」と度胸も満点だ。左足と同時に軸足のかかとも上げ、左手のグラブを高々と前にかざすダイナミックな投球フォームは、1メートル75の身長を大きく見せる工夫。栗山監督も「投げっぷりがいい。打者をやっつけるというのを感じる」と絶賛した。

 ドラフト1位の上原(明大)が不振で2軍調整。代わって昇格して結果を残した。「今までロッテの井口さんしか同姓を知らない」という名字は日本野球機構(NPB)では3人目、75年から2年間南海に所属した井口龍三は1軍出場がない野手で、「投手・井口」は初めてだ。この日最速147キロを記録した直球が持ち味の右腕は「真っすぐを打たれるのが楽しみ」。右の中継ぎとして、開幕1軍を引き寄せた。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月26日のニュース