大谷が開幕投手に決定、ダル以来の2年連続「勢いつける意味でも重要」

[ 2016年2月22日 15:49 ]

<日本ハム>ブルペンでフォークを投げる大谷

 日本ハムは22日、3月25日のロッテとの開幕戦(QVC)先発投手を大谷翔平投手(21)に決定したことを発表した。

 1軍キャンプが休日となったこの日、栗山監督が明らかにした。大谷にとっては昨年に続き、入団4年目で2度目の大役となった。04年の北海道移転後、2年連続での開幕投手はダルビッシュに次いで2人目、2度の開幕投手を務めるのは金村(2度)、ダルビッシュ(5度)に続く3人目。

 栗山監督は「しっかりやってくれると信じている。全員が順調にきていて、いろんな戦略はあるが、日本一になるんだという思いがある中では相手に関係なく良い者から行く。去年一番勝ったわけだから。開幕戦どうこうよりもチームが優勝すること。チームを勝たせないといけない」と語り、大谷は「昨シーズン開幕投手を任せてもらったからには、今年もそこを目指してやらないといけないと思ってやってきました。シーズンは長いので開幕戦がすべてではありませんが、チームに勢いをつける意味でも重要な役割だと思っていますし、これからもしっかりと練習していきたいと思います」と意気込みを示した。

 大谷は昨年3月27日の楽天との開幕戦(札幌ドーム)に先発、6回途中1失点で勝利投手となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月22日のニュース