×

DeNAドラ2熊原、ほろ苦デビュー 3連打にボーク「力負け」

[ 2016年2月18日 05:30 ]

<DeNA・韓国KIA>5回、ワインドアップで静止してボークを取られた熊原

練習試合 DeNA3―3韓国KIA

(2月17日 宜野湾)
 今永と対照的に、DeNAドラフトの2位右腕の熊原(仙台大)は2回4安打3失点と、ほろ苦デビューとなった。

 「これが今の実力。緊張したわけでもなく、純粋な力負けです」。4回に2番手としてマウンドに上がると、先頭打者から3連打を浴びた。

 「プロでは自分が思っていた以上に、もう1個分低く投げないといけないということが分かった」と猛省。さらに、4回にセットポジション時に静止せず、5回にはワインドアップで静止して、2つのボークも取られた。「(審判に)早い段階で指摘してもらえてありがたい。いろいろと課題が浮かんできたし、それを次に生かしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2016年2月18日のニュース