ソフトBドラ1高橋 キャンプ初「2週間投げなかったのは初めて」

[ 2016年2月14日 05:30 ]

キャッチボールをする高橋

 新人合同自主トレ初日に左すねの張りを訴え、別メニュー調整が続いていたソフトバンク・ドラフト1位の高橋(県岐阜商)が、キャンプ初のキャッチボールを行った。

 約20メートルの距離で25球。「予定通りです。ボールに触るのは久しぶりなので、楽しみました。2週間投げなかったのは野球をやってて初めて。不思議な感じだった」とホッとした様子。高卒ドラフト同期の楽天・オコエ、中日・小笠原らが1軍スタートしたのに比べると、まだまだ歩みは遅い。それでも「距離、球数、どっちが延びたり増えたりしてもうれしい。感覚を戻す意味でも限られた球数の中でやりたい」と背番号47の18歳は、着実に前を見ていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月14日のニュース