巨人マイコラス、右肩に張り 昨季13勝、長引けばチーム痛手に

[ 2016年2月14日 06:15 ]

11日、フリー打撃に登板したマイコラス

 巨人のマイルズ・マイコラス投手(27)が右肩付近に張りを訴えていることが13日、分かった。この日、練習には参加したが、キャッチボールを回避。ノックでの送球を下から投げるなど、張りがある患部をかばっていた。

 11日にはフリー打撃登板でギャレット、亀井から被弾し「全ての球種を投げて感覚を取り戻したかった。大丈夫」と話していたが、その後に異変を感じたもようだ。チームは15日に宮崎から沖縄へ移動するが、宮崎に残留して調整する可能性が高い。

 マイコラスは昨季加入し、21試合登板でチーム最多の13勝(3敗)、防御率1・92をマーク。11連勝し、来日1年目の外国人投手の記録をつくる活躍ぶりだった。開幕に影響が出ればチームには大きな痛手となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月14日のニュース