ロッテ平沢「緊張した」 対外試合デビューは3タコ

[ 2016年2月14日 05:30 ]

<ロッテ・ラミゴ>3回無死一塁で回ってきた第1打席、豪快な空振りをする平沢

交流試合 ロッテ4―1ラミゴ

(2月13日 石垣市営)
 ロッテのドラフト1位・平沢(仙台育英)の対外試合デビューは3打数無安打に終わった。

 8番・遊撃でフル出場も、7回無死満塁の好機では投ゴロに倒れて「緊張した。そんなに甘くない」。それでも、守備では三遊間の当たりを好捕するなど7度の守備機会を無難にこなして伊東監督は「守りはいいものがあった。きょうくらいなら使える。あとは数多く打席に立って慣れてくれれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月14日のニュース