オリ東明、最多210球投げ込み 昨季10勝も「余裕ありません」

[ 2016年2月12日 05:30 ]

ブルペンで210球を投げ込んだ東明(奥は松葉)

 オリックスの東明が今キャンプ最多の210球を投げ込み、順調な調整ぶりを示した。対戦打者を想定し、多彩な変化球を交えて投球。「投げないと覚えないことは多いですから」と笑顔で振り返った。

 昨季は自己最多の10勝をマークし、現時点では先発ローテーションの有力候補だが「立場を考えられる余裕はありません。駄目ならポジションがなくなる世界」と気を引き締めて実戦に臨む。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年2月12日のニュース