昨季新人王の有原も実戦初登板 2回無失点に栗山監督は及第点

[ 2016年2月12日 05:30 ]

<韓国ロッテ・日本ハム>2番手で登板した有原

練習試合 日本ハム1―1韓国ロッテ

(2月10日 ピオリア)
 昨季8勝をマークし、新人王に輝いた日本ハム・有原も実戦初登板。3回から2番手としてマウンドに上がり、2イニングを無失点に抑えた。

 「翔平の後だとは意識せず、何とか無失点でいきたいと考えた」というが、3回は先頭を四球で歩かせ、4回は連打で1死二、三塁のピンチを背負った。2年目右腕は「直球が思ったようにいかなかった」と反省。それでも栗山監督は「実戦初登板としてはまずまず」と及第点を与えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年2月12日のニュース