清原容疑者 沈黙のワケは…“アニキ”長渕剛と絶縁「人それぞれ」

[ 2016年2月8日 15:00 ]

08年10月、自らの引退セレモニーで長渕剛(左)にねぎらわれ涙ぐむ清原容疑者

 覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が「アニキ」と慕った歌手の長渕剛(59)と絶縁していたことが7日、分かった。

 スポニチ本紙の取材にも清原容疑者は関係が断たれていることを明かしていた。長渕が人生を懸けた昨年8月の富士山麓のオールナイトライブにも行かなかった。同10月に清原容疑者に尋ねると「いや、行ってません」と言葉少なだった。

 ――会っていないんですか?

 「いや、まったく」

 ――結構前から?

 「そうですね」

 ――連絡も?

 「そうです」

 沈黙の後、「まあ、人それぞれですから」と、複雑な表情を浮かべた。

 中学時代からの長渕ファン。打撃練習時も、ドライブの時も長渕の歌を聴いた。好んだのは「HOLD YOUR LAST CHANCE」(84年)。♪傷つき打ちのめされても はいあがる力が欲しい 人は皆弱虫を背負って生きている――。メンタル面の弱さを持った大スターの心に響いた。「長渕さんの曲には勇気づけられる。未来が、将来が湧き出てくるというか、力がある」。男として長渕に心酔し、外見も近づこうとした。

 直接の交流は99年。ケガに苦しむ清原容疑者に自身のファンだと知った長渕が激励の書を送った。「まだ人生の9回裏じゃねえ」。清原容疑者は自宅に飾り、心の支えにした。2000年に初対面し意気投合すると、兄弟ともいえる関係を築いた。最初に引退の決意を伝えたのも長渕だ。

 長渕も「世の中に欠落している“男と男の友情”とか“絆”というか、それを彼に感じる」と話し、清原容疑者を可愛がった。初めて公演のステージに上げた有名人も清原容疑者。「野球を本気でやるならタバコを吸ってたらおかしいだろ」と一喝し、禁煙させたこともある。何があったかは不明だが、固い絆で結ばれていた2人がたもとを分かったことは衝撃だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年2月8日のニュース