楽天・片山が超特大150M弾 育成から再出発、アピール大成功

[ 2016年2月7日 16:16 ]

<楽天紅白戦>6回1死一、二塁、育成の片山がバックスクリーンを越える特大3ランを放つ

 楽天の片山博視内野手(28)が7日、紅白戦で推定飛距離150メートルの超特大ホームランを放った。

 6回1死一、二塁から小野の直球をフルスイング。打球は中堅に設置している高さ約20メートルのスコアボードを飛び越えた。

 05年の高校生ドラフト1位左腕は昨年2月、左肘痛が改善せず、春季キャンプ中に打者転向。今季は育成選手として再スタートを切った。今キャンプは2軍スタートながら、1軍の紅白戦にお呼びがかかり、首脳陣へのアピールに大成功。「手応えは良かった。しっかり振れたので、それだけでいい」と涼しい顔で笑った。

 梨田監督も「びっくりした。ピンポン球のよう」と飛距離に目を丸くしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年2月7日のニュース