定位置争い激化 阪神 今成 シート打撃で首脳陣に猛アピール

[ 2016年2月7日 14:56 ]

 阪神の沖縄・宜野座キャンプ第2クール2日目となった7日、今成良太内野手(28)が、シート打撃で三塁打を放ち、首脳陣の前で猛アピールした。

 鶴を相手にフルカウントの6球目、内角に投じられた137キロを鋭く振り抜くと、打球は右中間を深々と破り、悠々と三塁打になった。前日6日のシート打撃では、三塁手の座を争う新井が本塁打を放っていた。新外国人・ヘイグを加えた3人での定位置争いが早くも激化している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年2月7日のニュース