侍 小久保監督が楽天視察 則本には「心苦しかったが…」

[ 2016年2月7日 12:23 ]

 侍ジャパンの小久保裕紀監督が7日、楽天の久米島キャンプを視察。

 ブルペンでは昨年11月のプレミア12の日本代表だった松井裕らの投球練習を見守った。その後は梨田監督や嶋と話し合った。「プレミア12の選手たちを労い、(3月の)強化試合に向けた話し合いを梨田監督とした」と小久保監督。

 松井裕、則本はプレミア12の準決勝・韓国戦の9回に逆転を許し、悔しい敗戦を味わった。小久保監督は「則本は本来、先発。召集時に勝ちゲームのロングリリーフで投げて欲しいという構想で呼んだ。本来の役割でないところを任し、心苦しかったが、今年は開幕投手を務めると聞いている。精一杯やってほしい。松井裕も40セーブあげられるクローザー」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年2月7日のニュース