松坂 右肩手術の回復順調「全く、不安はない」40メートル投げる

[ 2016年1月28日 17:08 ]

キャッチボールするソフトバンク・松坂

 ソフトバンク・松坂大輔投手(35)は28日、福岡市東区の西戸崎室内練習場で自主トレを公開し、最長40メートルのキャッチボールなど、昨年8月に右肩手術をしたとは思えない仕上がりを見せた。米国自主トレではすでに2度、ブルペン入り。真っ白なトレーニングウエアで登場した背番号18は「投げることに関しては全く、不安はない。痛みがないのはいつ以来だろうと思いますね。開幕ローテーションに入れるようにしたい」と12球団で最も激しいローテ争いに参戦することを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月28日のニュース