広島ヘーゲンズ 黒田に弟子入り志願「日本には学ぶ姿勢で来た」

[ 2016年1月28日 05:30 ]

笑顔でポーズを取る新外国人のプライディ(右)とヘーゲンズ

 広島新外国人のブレイディン・ヘーゲンズ投手(26=レイズ傘下3A)もプライディと同便で来日。さっそく同僚となる黒田への“弟子入り”を熱望した。

 「学ぶことがたくさんある。いろいろ教えてもらいたいよ」。先発、中継ぎとポジションを選ばない万能性と、まだ26歳と若いことから「伸びしろ」を見込まれての入団。「日本には学ぶ姿勢で来た。日本の打者のアプローチ、スイングに加えて、投手からも学びたい」と謙虚に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月28日のニュース