新たな166キロ腕来日!今度は中日助っ人「去年3チームで出した」

[ 2016年1月27日 06:47 ]

来日した中日の新外国人、ジョーダン(左)とハイメ

 また160キロ投手が現れた。中日の新外国人、ファン・ハイメ投手(28)とジョーダン・ノルベルト投手(29)が26日、中部国際空港に来日。中でも抑え候補の右腕、ハイメは淡々と仰天情報を口にした。

 「最速は103マイル(約166キロ)」。現在の日本球界の最速は大谷(日本ハム)とクルーン(元巨人など)が計測した162キロ。事実なら、それを大きく上回る剛速球だ。

 しかもハイメは「去年3チームで出した。ドミニカのウインターリーグ、アトランタの3A、ドジャースの3Aさ。100マイル(約161キロ)を初めて出したのは19歳だったね」と、さらりと言ってのけた。

 前日に来日したオリックスの新外国人・コーディエも最速103マイルの速球が自慢。今季は最速記録が次々と塗り替えられるシーズンになるかもしれない。

 ▼中日・ジョーダン 日本でプレーするのは10年来の夢。コントロールが持ち味。先発をやれれば。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月27日のニュース