メッツ ピアザ氏背番「31」永久欠番に 殿堂入りに続く「名誉」

[ 2016年1月27日 05:30 ]

メッツ時代のピアザ氏(AP)

 メッツは通算427本塁打を誇り、今月に米国野球殿堂入りを果たしたマイク・ピアザ氏(47)のつけていた背番号「31」を永久欠番にすると発表した。

 7月30日のロッキーズ戦前に本拠地ニューヨークで式典が行われる。メ軍の選手で永久欠番となるのは、通算311勝右腕トム・シーバー以来、2人目。同氏は、自身のツイッターで「信じられないくらい素晴らしい名誉だ」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月27日のニュース