梶谷どら焼きパワーで「過去最大」10キロ増 万能型2番目指す

[ 2016年1月23日 05:30 ]

ウエイトトレーニングで鍛える梶谷(後方は渡辺)

 DeNAの梶谷が広島市内のトレーニングジムで自主トレを公開。今季から打順が3番から2番となるため「1番が出たら一、三塁をつくり、出なかったらチャンスメークする。そして長打もあるというのは欠かしたくない。バントもキャンプで練習する」と話した。安打や盗塁で好機を築き、一発も打てる。さらに犠打や進塁打でつなぎ役ともなる。まるで四次元ポケットから何でも取り出すドラえもんのような「万能型2番」だ。

 このオフは1日5食と筋力トレーニングなどで「過去最大」と言う10キロ増に成功し、88・5キロに。増量成功の“秘密道具”は「どら焼き」だ。増量のために間食として「好きではないが、いっぱい食べている」。どら焼きに多く含まれている炭水化物は筋肉発達に欠かせない栄養素。「筋力があって体重が増えた分、バットもちゃんと振れている。スピードも落ちていない」と、手応えを口にした。(中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月23日のニュース