オリドラ2近藤大ブルペン入り 酒井コーチ「一番下半身が使えていた」

[ 2016年1月16日 05:30 ]

オリックス・ドラフト2位の近藤大

 オリックスの新人合同自主トレで、ドラフト2位の近藤大(パナソニック)、同5位の吉田凌(東海大相模)ら5投手がブルペン入りした。

 視察した酒井投手コーチが「一番、下半身が使えていた」と評した近藤大は直球のみ30球を投じ、「この時期にブルペンで投げるのは初めて。バランス良く投げることを考えた」と冷静。ただ、新人投手は2月20日の韓国・斗山戦(清武)をデビュー戦に想定されていることを知らされると、「やっぱり投げたいですね」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月16日のニュース