ハムドラ1上原 初ブルペンでクイック試した!“頭がいい”の声

[ 2016年1月16日 05:30 ]

ブルペンで投げ込むドラフト1位・上原

 日本ハムドラフト1位・上原(明大)が千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレで初めてブルペン入り。

 立ち投げで30球だったが、振りかぶった1球目から「きょうはいい感じで投げられそう。それならばセットポジションでも投げよう」と走者を想定したセットポジションでクイックも試した。これには捕手役を務めたソフトボール出身の5年目・大嶋も「普通の新人ならば、ただ投げて終わり。凄く頭がいいと思った」と1メートル90大型左腕のクレバーさに感心した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月16日のニュース