メジャーリーグ女性解説者 パートタイムからフルタイムへ“昇格”

[ 2016年1月14日 09:30 ]

ジェシカ・メンドーサ氏 (AP)

 米国のスポーツ専門局ESPNは13日、メジャーリーグの試合を日曜の夜に全米中継する「サンデーナイト・ベースボール」の解説者に元ソフトボール選手のジェシカ・メンドーサ氏(35)を起用すると発表した。

 メンドーサ氏は米国ソフトボール代表の外野手としてアテネ五輪で金メダル、北京五輪では銀メダルを獲得。昨年6月には女性として初めてカレッジ・ワールドシリーズの解説を務めた。8月には他の解説者の代役としてダイヤモンドバックスとカージナルスの一戦を解説。女性がメジャーリーグの試合を解説したのは、これが同局史上初めてのことだった。その後も、球場の放送席には同氏の姿が見られ、プレーオフ史上初の女性解説者としてその名を刻むことになった。

 メジャーリーグの解説者として及第点を与えられ、今季は開幕から放送席に座ることが決まったメンドーサ氏は「ここ数カ月間で想像できないようなすごいことが続いている」とコメント。パートタイムからフルタイムへと“昇格”したことに喜びをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月14日のニュース