ラミレス新監督、開幕投手に山口指名「エースになり得る器」

[ 2016年1月4日 14:11 ]

DeNA仕事始めで、池田球団社長(前列左)、社員らと笑顔で「ビクトリー!」ポーズを決めるラミレス監督(中央)

 DeNAのラミレス新監督が横浜市内で行われた球団の仕事始めに出席した。今季の目標に80勝を挙げ「現時点では」と前置きしながら、開幕投手に山口を指名し「エースになり得る器。10~15勝をしてくれる能力はある」と期待した。

 昨年末に自宅のある米国から戻ると、年越しそばやおせちを食べるなどして、妻や8カ月の息子と日本流の正月を過ごしたという。今季のスローガンには「WE PLAY TO WIN」を掲げ「毎試合勝つことにこだわって臨んでいきたい」と理由を説明した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月4日のニュース