マーリンズ、低予算で先発ローテ確立へ 昨季全休の左腕も獲得視野

[ 2016年1月4日 11:59 ]

クリフ・リー投手 (AP)

 米国のFOXスポーツは3日、メジャー13年間で通算143勝を挙げたクリフ・リー投手(37)の獲得にマーリンズが興味を示していると伝えた。

 リーは左肘の腱を損傷したために昨季を全休。オフにフィリーズから今季の契約オプションを破棄され、現在はフリーエージェント(FA)となっている。現在は肘の問題も払拭され、復帰を目指して昨年末から投球練習を開始しているとのこと。

 マーリンズは出費を抑えて先発ローテーションを確立したい希望があり、リー以外にもFA市場を物色中。2011年から4年連続で2桁勝利のダグ・フィスター投手(31)やメジャー13年間で通算88勝のエドウィン・ジャクソン投手(32)も獲得候補だという。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月4日のニュース