梶谷13年までは遊撃本職 14年に外野転向

[ 2016年1月4日 05:30 ]

中堅にコンバートされることが分かった梶谷

 DeNAの梶谷は13年まで遊撃中心の内野手で、外野手にコンバートされた14年にフルシーズンのレギュラーに定着。14年は右翼が112試合で中堅が35試合、15年は右翼が131試合で中堅が12試合と右翼が中心だった(試合中の位置変更時を含むため重複あり)。

 一方の荒波は11年の入団から中堅が本職だが、13年は中堅65試合、右翼62試合で出場。14年は守備出場53試合、15年は59試合全てで中堅を守った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月4日のニュース