【金本知憲氏 アニキのなんでも相談室】目的意識をもって取り組む人にチャンスを

[ 2015年12月31日 16:02 ]

 【質問1】職場に最低限の仕事しかせず、楽をしたがる人が数人います。すべて男性で50代の人は「新しいことを覚えたくない」など言います。意識の低い人と仕事をしているとイライラしてしまいます。ボヤいてきても真面目に返すのがバカらしく思います。ユーモアがあり、しかも、相手に突き刺さるようなひと言はないでしょうか。(奈良市在住 30歳女性 会社員)

 【意見】

 50歳を過ぎて、また一から何かを覚えることは大変なことではあると思います。後ろ向きな方もいると思います。あと数年で定年となると、そういう気持ちになることもあるでしょう。しかし仕事は仕事。仕事をしてもらわないといけないですから、そのときは伝える方もいろいろと言い方を変えたり、少しは相手の立場に立って物ごとを考えることも必要です。それでも、いくら言ってもボヤいてくるなら放っておきましょう。僕も監督となって思うこともあります。ガツガツと目的意識をもって取り組む選手と、逆に目的意識が低い選手とでは、もちろん前者にチャンスを与えようと思います。立場は違っても考えることは、あなたと同じです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月31日のニュース